赤ちゃん 虫歯予防

赤ちゃんの虫歯予防:ガーゼで拭くだけでは予防できない?

赤ちゃんの虫歯対策

 

赤ちゃんの虫歯予防

 

レディホワイト

赤ちゃんの歯は、6〜8ヶ月頃から生え始めます。それまでは、特に歯のケアは必要ないのですが、ぜひ実行して頂きたいのは出来るだけ母乳育児をするということです。それは、栄養面のことだけでなく、母乳育児をすることで自然の味を覚えることが出来るためです。

 

栄養・免疫・口腔機能の促進から、母乳が人工栄養より優れていることは間違いありません。お母さんの健康と心の安定においても、母乳は一役買っています。

 

しかし、母乳で育てたくても、様々な理由によって、それが出来ない場合があります。そのようなときは、母乳育児をサポートしているサークルや団体がたくさんありますので、保育センターなどへ相談するのも良いでしょう。

 

赤ちゃんが母乳の次に口にするのは、昔はほとんどが番茶か湯冷ましでした。しかし、現在は、赤ちゃん用のイオン飲料やスポーツドリンクまであります。ただ、それらを飲むことで、お茶が水が嫌いという子供がいるのも事実です。当然、そのような飲み物は虫歯にもなりやすいので、その点でも好ましくないといえます。

 

また、生涯の健康について考えた場合にも、お茶や水が美味しく飲める味覚を獲得することは大事です。そのため、スタートが肝心だといえます。

 

卒乳の時期に関しては、様々な意見があります。中には、1歳を過ぎたら虫歯になるため断乳すべきという考えもあるようですが、母乳とお粥などの離乳食とでは、虫歯になりやすさに差がある訳ではありません。

 

しかし、母乳を飲んでいる時期に、清涼飲料水やお菓子など砂糖が含まれているモノを摂ると、非常に虫歯になりやすくなります。

 

乳歯が生え始めた頃は、特に上の歯が虫歯になりやすいため、優しく磨くいて下さい。ガーゼで拭くだけでは、プラークは落とせないため、磨くということが大切です。

 

 

ベル

【レディホワイトの効果】歯の黄ばみが消えた!

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ