乳児 歯

乳児の歯:どうのように躾ければ良いのか?

乳児の歯は、どうすればいい?

 

心配しすぎもダメ!

 

レディホワイト 口コミ

乳児の場合、歯が生え始める時期は、非常に個人差があります。乳児の歯の生え始めの平均的な時期は、6〜8ヶ月頃ですが、3ヶ月で生えてくる乳児もいれば、1歳になってようやく生えてくる乳児もいます。

 

そのような感じですから、遅くても心配はないのですが、1歳を過ぎても歯が生えてこない場合は、歯科医院の診察を受ける必要があります。

 

あと、歯が生えてくる順番も個人差があります。一般的な生え方は、まず下の前歯2本が生えて、その次に上の前歯2本が生えてきます。そして、次はその両隣が生えてきます。そのまま3番目の犬歯が生えてきそうな気がしますが、実はそうではなく、奥歯が生えて、最後に犬歯と5番目の奥歯が生えてきます。大抵は、そのような順番で生えて、3歳前後に乳歯20本が生えそろいます。

 

ちなみに、2本の歯がくっついた融合歯が生えたり、歯の数が足りない場合もありますが、特に心配する必要はありません。

 

乳児や幼児は、指しゃぶりをするので、やめさせないと出っ歯になるなど言われますが、3歳前後でやめれば、ほとんど大丈夫です。早い時期に無理やりやめさせようとすると、他の悪いクセがつくこともあります。成長と共に、友達と遊ぶなど外の世界に興味が出れば、徐々にしなくなるものなので、あまり気にし過ぎず、叱らずに見守ってあげましょう。

 

この時期の食事では、上唇を鍛える工夫をします。スプーンを上唇に押しつける食べさせ方ではなく、自分で上唇を伸ばして食べ物を取るようにさせましょう。

 

前歯を使って噛み切れるものを与えることも大切です。例えば、スプーンを使う前の時期、手づかみで食べられるもの、果物であれば一口サイズにせず、大きく切って持たせる、また、お腹が空いていれば、当然しっかりと噛んで食べます。

 

また、1歳の誕生日を目標に、コップで水が飲めるようにしましょう。唇の力がつきます。

 

食後には、歯ブラシを持たせましょう。この頃は、なんの抵抗もなく歯ブラシを口に入れます。当然、自分で磨くことは出来ませんが、歯ブラシの感触に慣れ、ブラッシング習慣の第一歩になります。

 

 

ベル

自宅で歯のホワイトニングが出来る!

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ