六歳臼歯 虫歯

六歳臼歯を虫歯にさせない方法とは?

六歳臼歯を虫歯にさせない

 

最初の永久歯を虫歯にさせない!

 

レディホワイト 価格

6歳ぐらいになると、真ん中から数えて6番目の上下左右に4本の永久歯が生えてきます。その歯は、六歳臼歯と呼ばれていて、噛む力が一番強く、歯並びの基本になる歯でもあるため「歯の王様」などといわれています。

 

ただ、その六歳臼歯は、20本ある乳歯の奥に生えてくるため、萌出に気付かないことが多く、また、萌出途中は背が低いので歯ブラシが当たりづらく、ブラッシングが行き届かないため、噛み合わせ部分にたくさんある溝が虫歯になりやすくなります。

 

 

ベル

白い歯を取り戻す事が出来た理由は?

 

 

六歳臼歯の虫歯予防のポイント

 

@ 常に注意が必要
常に、この歯の萌出に注意し、歯茎からポツンと頭を出した時点で、子供に大事な歯であることを鏡を見せながら教える必要があります。ちなみに、下アゴから先に萌出します。

 

A 大人が仕上げる
夜、大人が仕上げ磨きをしましょう。歯ブラシは、赤ちゃん用または仕上げ磨き用など、小さなタイプの歯ブラシを使用し、他の歯より一段低いので、横から磨く必要があります。

 

B 3年は気をつける
萌出して3年間ぐらいは、歯質が弱く虫歯になりやすいので、甘いお菓子や清涼飲料水には気を付けなければなりません。3年ぐらい経てば、タケノコが竹になるのと同じように、歯質も強くなります。

 

C 専門的な予防
虫歯になる前に、歯科医院で下記のような専門的な予防処置を受けることができます。

 

●噛み合わせ
噛み合わせの部分が萌出した時点で、フッ化物入りのセメントを水に埋め込む。セメントはブラッシングなどで、徐々に磨り減りますが、上から補充することが出来ます。

 

●シーラントを施行
生えきれば、溝にシーラント(セメントより硬いプラスチック)を施し、表面にフッ化物を塗ります。さらに、歯と歯の間に糸ようじを使ってサホライドという強力なフッ化物を塗り、光処理すれば安心です。

 

六歳臼歯が4本とも生えそろうまでには、2〜3年ほどかかるため、年に数回の定期検診は必要です。子供が12歳になる頃、六歳臼歯の後ろに萌出する第二大臼歯4本への対策も必要です。歯は、一度治療すると寿命が短くなります。永久歯が本当に「永久」の歯となるようにするためには、生え始めの子供の歯は、親が全力で守るべきです。

 

ベル

白い歯を取り戻す事が出来た理由は?

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ