歯 抜けた 戻せる

外傷で歯が抜けた時、元通りに戻せるのは何分以内?

抜けた歯は戻すには…

抜けた歯は、元に戻せる?

 

レディホワイト

転倒したときなど、歯が脱臼してしまうことがあります。その脱臼の程度は様々で、歯がグラグラになったり、歯茎の中に歯がめり込んだり、ねじれてしまう場合もあります。歯が折れてしまった場合は、口の中が血だらけになりますから、ほとんどの人が慌ててしまいます。

 

そのようば場合、清潔なガーゼまたはハンカチで傷口を押さえて血を止めて、出来るだけ早く歯科医院で診察を受ける必要があります。

 

歯科医院では、歯を元の位置に戻し、周囲の歯を利用して固定します。1〜2ヶ月ぐらいで落ち着くので、そのあと固定を外します。

 

外傷を受けた歯を大丈夫だと素人判断してそのままにしておくと、しばらくすると歯の色が変わってくることがあります。それは、歯の中の神経が切断されて、その出血が原因で変色しているからです。

 

見た目は大丈夫そうに思えても、歯にヒビが入っていたり、歯のまわりの骨にまで傷が及んでいる場合もあるため、何かあった場合は、歯科医院で診てもらうべきです。

 

外傷で歯が抜けてしまった場合も、元通りに植え込むことが出来る場合もあります。まず、一刻も早く歯科医院で処置を受けるが大切なのですが…。歯が抜けてから30分以内であれば、成功率が高いと言われています。

 

抜けた歯は、泥などで汚れていれば、軽く水で洗って、乾燥させないように清潔な牛乳に浸して歯科医院へ持って行きます。もし、牛乳が用意できないのであれば、水を含ませたティッシュペーパーに包んで運ばなければなりません。

 

決して、ガーゼやティッシュペーパーなどで、抜けた歯をこすったり、傷つけたりしないことが大切です。それは、歯の根のまわりには、「歯根膜」という歯と骨を連結している組織があり、その組織を出来るだけ残しておいた方が、後々の結果がよくなるからです。

 

歯が抜けるのではなく、歯の一部が欠けることもよくあることです。その場合もスグに歯科医院へ行くべきです。そのとき、折れた歯の破片も持っていけば、医師は折れた部分の状態を推測できるため、歯を残せるか抜かなければならないのか判断しやすくなります。

 

 

ベル

レディホワイトで歯の黄ばみが消えた!

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ