歯 役割

前歯・奥歯:それぞれの歯の役割とは?

それぞれの歯の役割

32本の歯の特徴と役割

 

レディホワイト 価格

 

人間の歯は、上のアゴと下のアゴに、それぞれ16本ずつ歯が生えていますので、合計で32本あります。

 

人間の歯は、大きく分けると4つに分類することができ、それぞれの特徴と役割は下記の通りです。

 

 

ベル

【レディホワイトの評判】本当に歯が真っ白になった!

 

 

4種類の歯の特徴と役割

 

@前歯
【特徴】
薄いノミのような形をした歯。日本人(モンゴロイド)は、白人種(コーカソイド)に比べて厚みがある。
【役割】
麺類・果物などのやわらかいモノを口の中に取り込める大きさにザクザクと噛み切る。

 

A犬歯
【特徴】
尖ったヤリのような形をした歯。(糸切り歯とも呼ぶ)
【役割】
肉のような硬い塊を噛み裂く。

 

B小臼歯
【特徴】
前歯・犬歯と奥歯の中間の形をした歯。
【役割】
大きいモノや硬いモノを噛んでほぐす。

 

C大臼歯
【特徴】
臼のような形で、表面に小さい突起や溝がる。手前から、第1大臼歯(6歳臼歯)・第2大臼歯(12歳臼歯)・第3大臼歯(親知らず)
【役割】
穀物や飲み込む前の食べ物をすり潰す。

 

歯の感覚

歯には、異物を感知する鋭い感覚があります。歯が異物を噛むと、その瞬間、反射的に噛むのを止め口が開きます。砂粒を噛んでガリッという音でビックリすることがありますが、そのような感じで異物を飲み込むことを防いでいます。

 

異物を感知する感覚は、歯根膜(しこんまく)にあります。歯根膜は、薄い繊維の膜で、歯とアゴの骨を結びつけていて、神経の末端がきています。

 

呼吸

鼻が詰まっていない人は、通常は鼻で呼吸をしています。しかし、激しい運動をしたり、力仕事をしたときなどは、口からも息を吸いますが、それは大量の酸素を取り込むためです。

 

なお、口呼吸が習慣になってしまうと、上下の前ばが付きだしてしまう場合があります。いわゆる出っ歯という状態です。唇には、前歯を抑える働きもあるので、口を閉じる習慣を付けていれば、そのようなことにはなりません。

 

唾液腺

食べ物を想像したり、食べ物を口に入れたりすると、自然に唾液が出てきます。唾液は、3ヵ所ある唾液腺から自然に出てくる分泌液で、一日中分泌しています。唾液の働きは、口の中を下層から守ったり、口の中を清潔に保ったり、消化を助けたりすることです。

 

ただ、最近は唾液の分泌量が少ない子供が増えているといわれています。乳幼児の時期に、食事のときなど飲み物(ジュースや水など)をたくさん摂ると、唾液腺の発育が低下することが実験で証明されています。

 

エナメル質と象牙質とセメント質

エナメル質は、体の中で一番硬い物質です。厚さは2〜2.5ミリほどですが、カルシウムとリン酸の結晶で、鉄より固く、水晶とほぼ同じ硬さです。この硬さのおかげで、硬い食べ物も噛み切ったり、すり潰したりすることが出来るようになっています。しかし、細菌が出す酸に溶けるという弱点があります。

 

エナメル質の下にある象牙質の厚さは2〜3.5ミリほどで、歯の神経である歯髄(しずい)に接しています。エナメル質より軟らかく、骨よりはやや硬く出来ています。虫歯が象牙質まで進むと歯痛を感じるようになります。

 

セメント質は、歯根(しこん)の表面を覆った厚さ0.1〜0.5ミリほどの薄い層です。このセメント層と歯根膜という繊維の膜で、歯を歯槽骨に接着しています。

 

 

ベル

【レディホワイトの評判】本当に歯が真っ白になった!

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ